◎メインサイトとSNS
VSRX - オリジナルOSやライブラリ、アプリケーションのリファレンスとプログラミングなどの各種テクニックを公開しています。
RED - 音楽・ドラマ・アイドル・ゆるキャラ・食べ物などの話題を取り上げています。
Instagram
Youtube Channel
最近の記事

2019年12月11日

来年はUbuntu 20.04 LTSが登場する年ですが、Phantom Valkyrie Linux 2020はこれをベースにする予定

来年はUbuntu 20.04 LTSが登場する年ですが、LTS版UbuntuをベースにしているPhantom Valkyrie Linuxの新バージョンもこれをベースに開発をする予定です。
Ubuntu 20.04 LTSが登場してから1ヶ月ぐらいは色々と問題が出てきて解消させる時期だと思いますので、2020年4月ぐらいまでのPhantom Valkyrie Linuxの新メジャーバージョン「Phantom Valkyrie Linux 2020」のリリースポイントはUbuntu 18.04 LTSをベースにします。そして、2020年5月以降に、Ubuntu 20.04 LTSをベースにしたPhantom Valkyrie Linux 2020を公開します。
posted by takatan at 15:34| 大阪 ☁| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ソフトウェア開発日誌】64bit Linuxディストリビューション「Phantom Valkyrie Linux 2019r19」の更新予定ポイント

Ubuntu 18.04 LTSをベースにしたLinuxディストリビューション「Phantom Valkyrie Linux」の最新ポイントリリース「Phantom Valkyrie Linux 2019r18」の更新予定を行う点は以下の通りです。

【更新予定】
・linux firmware 1.173.13に更新
・収録Linuxアプリケーションの更新の適用
・オリジナルアプリ「Viper Tools」の最新版への更新
・GIMP 2.10.14に更新
・yabause-qtを削除

2019年12月下旬公開予定。
posted by takatan at 15:15| 大阪 ☀| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

通話・メール・決済用端末をSH-01JからXperia Z3に変更して、スマホxスマホ体制になりました(*´▽`*)

通話・メール・決済用端末として、SHARPから発売されたSPモードケータイ「SH-01J」を使っていましたが、なんばのイオシスでXperia Z3の中古Bランク品が7980円で販売されていたので、これを購入しました。新品みたいにとても外装が綺麗で、バッテリーテストも80%以上を示していました。Android 6.0.1に上げようと思ったけど、既に前の主が上げてくれていたみたいでラッキーでした。
Xperia Z Ultra以来のXperiaだけれども、良いですね(^^)

ELVugsiU8AAIxN1.jpeg

DSDS/DSDV端末は同時待ち受けは出来るけれども、いずれかのSIMしか使えないので、電話しながら地図アプリ使いたいという時には2台持ちが便利だったりします。
Xperia Z3にdocomoのSIM、P8 liteにBIGLOBE SIMを装着して運用していきます。


Xperia Z3 ー ケータイプラン2契約のdocomo SIM(SH-01Jから持ち越し)、おサイフケータイ、通話・キャリアメール・SMS
P8 lite ー BIGLOBE SIM 3Gプラン、データ通信専用機、dカードプリペイドを背面に装備して擬似的おサイフケータイ、テザリングでモバイルルーターとしても活用。


新プランのケータイプラン2のSIMは指定外デバイス料がかからず、完全定額ですが、フルスピードで通信出来るデータ量が100MBしかないので、P8 liteのテザリングを活用して補完しています。ケータイプラン2はSPモードケータイ専用のプランですので、一旦SPモードケータイの端末を購入してプラン契約するか、白ロムのSPモードケータイの端末を購入してプラン契約しなければいけません。また、ドコモユーザーの場合、端末購入の最新の履歴がSPモードケータイになっていたら大丈夫らしい。僕の場合は、SH-01Jで契約していたSIMをそのまま持ってきました。

ケータイプラン2(NTT DoCoMo) ー 月額1200円、5分通話無料オプション700円
BIGLOBE SIM 3Gプラン(Dタイプ) ー 月額700円、SMSオプション120円、ベーシック基本料200円
合計2920円(税抜き)、3212円(税込)


P8 liteやSH-01Jを長く使ってきたせいか、Xperia Z3のカメラでもめちゃくちゃオートフォーカスが速い・・・。
Antutu ver.7の数値は、Xperia Z3が5万3千、P8 liteが2万9千ぐらいなので、今までの環境よりも良くなっていますね(^_^;)。
5万3千ぐらいだとモトローラのmoto e5と同等ぐらいかな。

ランチャーはXperiaの物をそのまま使う事にしました。P8 liteはNovaランチャーにしていますが、XperiaのUIはP8 liteのデフォルトのUIと比べたら使い易い気がするので。Xperia Z3でPassCodeのアルバムからいくつかの曲を音楽ファイルにした物を再生しました。結構音良いですね(^^)中古品で2014年10月頃に発売された機種ですので、バッテリーの方はどうだろうと思っていましたが、アプリのインストールやアップデート、各種設定をし、YouTubeの動画を再生したり、Webサイトを一通り観たりして、6時間ぶっ通しで動かしていますが、まだバッテリーが50%残っているので問題無さそう。

さすがヨドバシ梅田(^_^;)
5年前の機種のXperia Z3の液晶フィルムとケース売っていたわ。ここと、なんばのヤマダ電機なら超古い機種用のを売っていると思ったが、正解だった。
iD決済すると、ヨドバシゴールドポイントのポイント還元率が2%になるという事実を今日知ってしまった(^_^;)

リンクス梅田もついでに見てきました。
ユニクロやダイソーがなかなか大きい(^_^;)。
地下の食品スーパーや食べ物のフロアの方が良さそうに思えた。帰ってからアマノフーズの直営店を見てくるのを忘れたのに気づいた(^_^;)

IMG_20191211_132742.jpg
ケースは、セリアで購入したスマホケースです。以前裏面ガラスのXperia Z Ultraを使っていた経験上、このようなタイプのケースの方が綺麗に使えるので、これにしました。

posted by takatan at 13:26| 大阪 ☀| PC and Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

PVL Kernel 5.4.2-ck1 released [Custom 64bit Linux kernel for Ubuntu(with CK1,Ubuntu,Zen,UKSM)]

◎PVL Kernel 5.4.2-ck1 binary and source code
◇binary
VSRX kernel 5.4.2-ck1 binary and source code Download

OneDriveのアカウントが無くてもダウンロードは出来ます。

The PVL Kernel is for Ubuntu 18.04 LTS(64bit) and is aimed by adding an Aufs patch and Ubuntu patch,MuQSS,CK1,graysky’s GCC patch to Linux Kernel.

PVL kernelはオリジナルOSであるVSRX-19向けに開発し、Ubuntu 18.04 LTSに対応したカスタムカーネルであり、CPUスケジューラー「MuQSS」を搭載し、CK1・Aufs・Ubuntu・graysky’s GCCを適用しています。Zen Interactive Tuneを適用していますので、よりレスポンス性能を高めており、他のバージョンのカスタムカーネルよりもゲーム性能などが高まっているのが特徴です。

[Kernel Spec]
◇based kernel source
zen-sauce kernel-5.4

◇Applied patches
- linux 5.4.2 patch
- CK1 patch
- Aufs patch
- Ubuntu patch(12/5/2019)
- Add-x86-zstd-kernel-compression.patch
- UKSM patch

◇Optimized kernel configuration
- CPU shceduler "MuQSS"
- Default I/O scheduler -> MQ-deadline
- Meltdown,spectre_v1,spectre_v2 : Mitigation
- Processer family -> Generic x86_64
- Kernel Compression mode -> gzip
- Preemption Model -> Preemptible Kernel(Low-Latency Desktop)
- Timer frequency -> 100Hz
- Compiler optimization level -> Optimize more for performance(-O3)
- MuQSS on
- Aufs on
- UKSM on
- Zen Interactive Tune on
- Default CPUFreq Governor -> ondemand
- HD-audio pre-allocated buffer size 4096
- Delete most items of Kernel Hacking
- BBR TCP Congestion Control
- Built on the GCC 8.3
- CPU idle governor -> TEO
posted by takatan at 23:24| 大阪 ☀| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PVL Kernel 5.4.2-bmq54r0 released [Custom 64bit Linux kernel for Ubuntu(with BMQ,Ubuntu,Zen,UKSM)]

The PVL Kernel is for Ubuntu 18.04 LTS(64bit) and is aimed by adding an BMQ patch and other patches(Ubuntu,Aufs,Zen,UKSM) to Linux Kernel.
PVL kernelはオリジナルOSであるPhantom Valkyrie Linux向けに開発し、Ubuntu 18.04 LTSに対応したカスタムカーネルであり、CPUスケジューラー「BMQ」を搭載し、その他にも様々なパッチを適用しています。

blk_MQを使えるようにするには、/etc/sysctl.d/90-override.confに「scsi_mod.use_blk_mq=1」を追加して再起動する必要があります。

◎PVL Kernel 5.4.2-bmq54r0(BMQ version) binary and source
PVL kernel 5.4.2-bmq54r0 binary and source Download

OneDriveのアカウントが無くてもダウンロードは出来ます。
http://www.vsrx.site/article/469154268.html

◇based kernel source
zen sauce kernel 5.4

◇Applied patches
- linux 5.4.2 patch
- BMQ 5.4-r0 patch
- Add-x86-zstd-kernel-compression.patch
- Ubuntu patch(12/5/2019)
- Aufs patch
- UKSM patch

◇Optimized kernel configuration
- CPU shceduler -> "BMQ"
- Default I/O scheduler -> MQ-Deadline
- Processer family -> Generic X86_64
- Kernel Compression mode -> gzip
- Preemption Model -> Preemptible Kernel(Low-Latency Desktop)
- Timer frequency -> 500Hz
- Compiler optimization level -> Optimize more for performance(-O3)
- Aufs on
- UKSM on
- Zen Interactive Tune on
- Default CPUFreq Governor -> ondemand
- HD-audio pre-allocated buffer size 4096
- BBR TCP Congestion Control
- Built on the GCC 8.3
- Meltdown,spectre_v1,spectre_v2 : Mitigation
- CPU idle governor -> TEO
posted by takatan at 16:57| 大阪 ☀| アプリケーション公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

2019年12月のナンバーズ予想

◇ナンバーズ3予想数字
112, 114, 115, 117, 122, 123, 124, 125, 127, 128, 134, 144, 145, 146, 147, 155, 156, 158, 159, 168, 177, 178, 189,
223, 224, 225, 226, 227, 229, 234, 235, 236, 237, 238, 239, 244, 245, 246, 247, 248, 249, 255, 256, 259, 277, 278, 279, 289, 299,
334, 338, 344, 345, 346, 347, 348, 355, 357, 359, 368, 377, 378, 379, 388, 389,
447, 448, 455, 457, 458, 459, 466, 468, 469, 477, 478, 479, 488, 499,
558, 559, 567, 568, 578, 588, 589, 599,
668, 679, 688, 689,
778, 779, 788, 789,
889, 899

◇ナンバーズ4予想数字
0112, 0113, 0117, 0122, 0124, 0125, 0126, 0127, 0128, 0129, 0135, 0136, 0137, 0139, 0144, 0145, 0146, 0147, 0148, 0149, 0156, 0157, 0158, 0159, 0166, 0168, 0177, 0178, 0188, 0199, 0223, 0224, 0225, 0226, 0228, 0229, 0233, 0235, 0237, 0238, 0239, 0244, 0246, 0248, 0255, 0256, 0257, 0258, 0266, 0268, 0269, 0277, 0279, 0289, 0299, 0334, 0335, 0338, 0339, 0346, 0347, 0355, 0356, 0357, 0359, 0366, 0368, 0377, 0379, 0388, 0399, 0445, 0446, 0449, 0455, 0457, 0458, 0459, 0466, 0467, 0469, 0477, 0478, 0479, 0488, 0489, 0499, 0557, 0558, 0559, 0566, 0567, 0569, 0577, 0578, 0588, 0589, 0599, 0667, 0668, 0669, 0678, 0688, 0699, 0778, 0779, 0799, 0889, 0899,
1124, 1125, 1126, 1134, 1135, 1137, 1139, 1145, 1146, 1147, 1148, 1156, 1157, 1158, 1159, 1168, 1169, 1179, 1189, 1223, 1224, 1226, 1227, 1228, 1229, 1236, 1237, 1238, 1244, 1245, 1246, 1248, 1249, 1259, 1266, 1267, 1269, 1277, 1278, 1289, 1334, 1335, 1336, 1337, 1338, 1339, 1345, 1347, 1349, 1356, 1359, 1366, 1367, 1368, 1369, 1388, 1399, 1445, 1446, 1447, 1449, 1455, 1458, 1459, 1466, 1467, 1468, 1469, 1477, 1478, 1479, 1488, 1489, 1499, 1556, 1558, 1559, 1566, 1567, 1579, 1589, 1599, 1667, 1677, 1678, 1679, 1688, 1778, 1779, 1788, 1889,
2236, 2237, 2238, 2245, 2246, 2247, 2248, 2249, 2256, 2258, 2267, 2268, 2269, 2278, 2279, 2289, 2334, 2335, 2336, 2337, 2338, 2339, 2346, 2348, 2349, 2355, 2357, 2359, 2377, 2378, 2379, 2388, 2389, 2399, 2445, 2446, 2448, 2449, 2455, 2456, 2466, 2467, 2477, 2478, 2479, 2488, 2499, 2556, 2558, 2559, 2566, 2567, 2568, 2569, 2577, 2588, 2589, 2667, 2668, 2669, 2679, 2688, 2689, 2699, 2779, 2788, 2789, 2799, 2889, 2899,
3346, 3347, 3348, 3349, 3357, 3358, 3359, 3367, 3368, 3369, 3378, 3379, 3389, 3445, 3446, 3448, 3449, 3457, 3458, 3459, 3466, 3467, 3469, 3477, 3478, 3489, 3499, 3556, 3557, 3558, 3559, 3566, 3569, 3577, 3578, 3579, 3588, 3667, 3668, 3677, 3679, 3688, 3689, 3699, 3778, 3779, 3788, 3789, 3889, 3899,
4456, 4457, 4458, 4467, 4468, 4469, 4479, 4489, 4557, 4558, 4566, 4568, 4577, 4588, 4599, 4667, 4668, 4669, 4677, 4688, 4689, 4699, 4778, 4779, 4789, 4899,
5567, 5568, 5569, 5579, 5589, 5668, 5669, 5678, 5679, 5688, 5689, 5699, 5778, 5788, 5799, 5889, 5899,
6678, 6679, 6689, 6778, 6779, 6788, 6789, 6799,
7789, 7889, 7899
posted by takatan at 02:50| 大阪 | 宝くじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

【ソフトウェア開発日誌】カスタムカーネルの名称をシンプルにしました

現在公開しているカスタムカーネル「PVL kernel」は2種類ありますが、従来の命名規則を止めてシンプルな名称に変更しました。


・PVL kernel 5.4.1-bmq54r0
「5.4.1」はLinuxカーネルのポイントリリース名、BMQ54r0はBMQ 5.4-r0パッチを当てている事を意味します。

・PVL kernel 5.4.1-ck1
「5.4.1」はLinuxカーネルのポイントリリース名、CK1はMuQSSを含んだCK1パッチを当てている事を意味します。

posted by takatan at 15:05| 大阪 ☁| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

カスタムカーネルの名称をVSRXカーネルからPVLカーネルに変更しました

オリジナルLinuxディストリビューション「Phantom Valkyrie Linux」の公開に合わせて、カスタムカーネルの名称も変更します。
Phantom Valkyrie Linuxの頭文字を取ってPVLカーネルという名称にしました。

PVLカーネルは、CPUスケジューラーの違いによって2種類用意しています。その2種類のカスタムカーネルは、Alfred Chen氏が開発したCPUスケジューラー「BMQ」を導入したBMQ版とCon Kolivas氏が開発したCPUスケジューラー「MuQSS」を導入したMuQSS版です。いずれもリアルタイム性やレスポンス性を高めるカーネルに仕上がっています。
posted by takatan at 13:39| 大阪 ☁| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

イヤホンも収納する事が出来るキャン☆ドゥのカードスタンドケースで、格安疑似おサイフケータイ化とミニマム収納

キャン☆ドゥで購入した「カードスタンドケース」と「磁気エラー防止シート」、市販のクリアスマホケースとイヤホン、dカードプリペイドの組み合わせで、擬似的なおサイフケータイ機能とミニマム収納環境を構築する事が出来ました。

DSC_0006.JPG
posted by takatan at 23:09| 大阪 ☁| PC and Phone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デスクトップ環境をLXQtに変更したオリジナルLinuxディストリビューション「Phantom Valkyrie Linux」

◇Phantom Valkyrie Linux
http://www.vsrx.site/article/451561416.html

Screenshot from 2019-11-25 13-56-15.png

64bit版Ubuntu 18.04 LTSをベースに開発していたOS「VSRX-19」の名称を変更して、「Phantom Valkyrie Linux」という名にしました。
Phantom Valkyrie Linuxは、名称を変更しただけではなく、VSRX-19で構築していたOpenboxベースのデスクトップ環境からLubuntuなどで採用されているLXQtに変更しています。LXQtの設定ツールなどが使えるようになりましたので、各種変更が一層行い易くなりました。VSRX-19で特徴的だったデスクトップ右クリックメニューも継承しており、Ctrl+Mのショートカットでいつでも右クリックメニューを呼び出せる利便性は変わっていません。
ソフトウェア面では、CPUスケジューラー「BMQ」やIOスケジューラー「MQ-Deadline」、AufsやUKSMなどの各種パッチを導入したカスタムカーネルを引き続き導入しています。カスタムカーネルとオリジナルアプリ「Viper Tools」によって、Lubuntuとは違ったリアルタイム性と機能強化を図っています。
絵を描くといった目的でInkscapeをプリインストールしていましたが、これの代わりにMy Paintをプリインストールしました。これによって、ペンタブレットで自在に絵を描く環境が出来ています。
動画関連では、動画エンコーダー「Handbrake」などを削除しています。ビデオオンデマンドサービスが充実してきた事で、動画エンコードを行うケースは動画編集後に限られてきています。その為、ShotcutやAvidemuxでエンコードを行うように環境を整備しました。

思いついたアイデアをOSに採り込んでいく姿勢は、今後も変わらないと思います。Phantom Valkyrie Linuxは日常的に行う作業を効率化し、AIなどの新しい分野にも対応していくOSに仕上げています。

2020年には、Ubuntuの長期サポートリリース「Ubuntu 20.04 LTS」が登場しますので、Phantom Valkyrie Linuxでは当然これに対応する予定です。
posted by takatan at 14:00| 大阪 ☀| 開発話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする